lemp3's Memos

節操無くリブログする機械.

free counters

7月 25
実際にTシャツをニオイセンサーで計ってみると、20代男性のシャツは40代男性のおよそ4倍もニオイが強かったんです。オジサンは特にクサいというわけではなかったのです。実は、オジサンになると、若者のような激しい新陳代謝による汗クサいニオイが減るのに対し、加齢臭の原因と言われるノネナールのような脂肪酸のニオイが増えるのです。しかし、ノネナールそのものは特別クサいわけではありません。そこで、今度は先ほどの実験と同じTシャツの年齢と性別を明らかにして嗅いでもらいました。すると…先程とは違い、40代男性だと知った途端、クサいと感じる人が増えたのです。専門家に聞いてみると、人間は見た目の印象からニオイを強く感じてしまうのだそうです。これを「イメージ臭」と言い、どうやらオジサンは先入観からクサいと思われていたようです。オジサンって、とても切ないんですね。” 知識の宝庫!目がテン!ライブラリー (via ishida)

(mimic1992から)


7月 24
よく考えたら、 エジプトのミイラだって復活技術が完成したら復活する予定なのに、
勝手に掘り起こしたり、分解したり、見世物にしてるよなwwwwwww
はてなブックマーク - 痛いニュース(ノ∀`) : 脳を冷凍保存、未来に蘇生する「人体冷凍保存会社」登場。料金は90万円…希望者「僕は永遠に死にたくありません」 - ライブドアブログ (via hazime1373) (via saitamanodoruji) (via quote-over100notes-jp) (via takeori) (via kirisaki) (via minadzki) (via nayutanized) (via pakukupa) (via highspeedturbine) (via juk1) (via esaki) (via lumiasan) (via futureisfailed) (via osapon) (via mooljot-archive) (via halusame) (via sukekyo) (via adf311) (via yoda070) (via drmiyabi) (via rcxtester)

この言葉は好きである。 



「立って半畳、寝て一畳、天下取っても二合半」


 いくらお金や権力をもてたとしても、人間の必要なスペースと食べられる量は限られているのである。人間はどうも世間の他人にむけて権力や豪勢さの威嚇をしないとコワくてしょうがないみたいである。 

『「デタラメ思考」で幸せになる!』 ひろ さちや | 考えるための書評集 (via itokonnyaku)

(kiri2から)


46: 名無し募集中。。。:2012/11/02(金) 17:27:40.28 ID:0
日本は島国なので肉食にすると食料資源が限られるから人口が増加できない
例えば牛1kg食うのにその10倍の飼料が必要
鶏肉でも4倍

肉を食うってことはそれだけ飢餓に近づくってこと
だから日本では鎖国が解禁するまで食肉が禁止される風潮が作られた
宗教はそのための手段だけど理由ではないよ



56:
名無し募集中。。。:2012/11/02(金) 17:29:36.83 ID:0
»46
つまり食料生産力が低いから無駄に穀物消費するわけにはいかなかったというわけか



81:
名無し募集中。。。:2012/11/02(金) 17:33:39.51 ID:0
»56
穀物と土地ね
日本は平地さえあればほとんど米つくってそのカロリーで人口増やしてきたから
イギリスくらい平地だったら動物の分を養う余裕もあるんだろうけど
昔の日本にはどうして肉を食う習慣が発達しなかったのか?:哲学ニュースnwk (via sayusayukawaii)

(ltzzから)



konchanoyoseatme:

ひとつのクッキー


(ltzzから)


automotive-lust:

theworldairforce:

C5 Galaxy - Approach and Touchdown 

As Requested By: 

Aviation porn

(ltzzから)


みうらじゅんさんが提唱している、比較三原則(過去の自分・親・友達の3つと今の自分を比較してはいけない。ここと比較をしないと生きるのがすごく楽になる。)” ピエール瀧が語る いつも自然体でいる秘訣 (via june29)

(kiri2から)


“差別と区別を完全に使い分けたシンガポールの移民政策はすごい。
カジノや売春は合法化(免許制)にしてマフィアの仕事をなくす。英語喋れずに稼げる仕事は少ないから、自然と移民がやる。
免許制だからボッタクリも病気もない。二年ごとにビザ更新、不健康や無職は追い出す。
シンガポール人は教育に熱心で、高度教育の必要な要職につく。教育のいらない仕事は移民がやる。移民でも頭よければ要職につける。でも、実力で、超高学歴で、かつ大学のレベルが高い(成績がそのままビジネスの実力につながる)シンガポール人に勝つのは難しい。結果として労働力には不自由しない
そしてシンガポール人は、努力はいるけど、豊富な労働力を背景に、みんないい生活してて治安もいい。外国人でも実力があれば同じことができる。 (がんばらないシンガポール人がどうなるかはわからないけど、たぶんシンガポールにいづらくなりそう)
街は超フリーダムでマルチカルチャー。いろんな国の人がいろんな輻輳してる。日本のインド人は目立つから民族衣装着づらいけど、シンガポールではなに着てもいい。人に迷惑をかけなければなにやってもよくて、みんなに迷惑をかけると厳罰。自由でわかりやすい。
外国人の勤労ビザ更新は血液検査が必須。指紋どころではない。麻薬や性病は国外退去。かわりに健康診断してもらえる。
国の魅力を増す、アートやエンターテイメントには超投資されてる。稼いでる分ハデに使って、社会が楽しくなってる。
それでも外国人はシンガポールに来たがる。稼げて自由で安全で便利で楽しくて、魅力があるから。道路掃除の移民でさえ楽しそう。日本も国に魅力があるうちに見習いたい。”
(1) ※小池陸とのやりとりが面白かったのでそのあとちょっと追加しました… - Masakazu Tks Takasu (via otsune)

(tkmc8562から)


“早大のように入試科目を減らして一般入試を絞って偏差値を嵩上げし、学生の半分以上を(小保方氏のような)AO入試や推薦で入学させてノーチェックで卒業させるのは、もはやディプロマ・ミル(学位販売業者)に近い” 日本の大学は学位を売る「ディプロマ・ミル」になるのか | 池田信夫 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト (via tamejirou)

(northerncrownから)


ページ 1 / 532